ミドル脂臭を防ぐためのシャンプー

シャンプー

ミドル脂臭は、加齢臭ではないからだの臭いです。働き盛りの30歳〜40歳頃に発生しピークをむかえます。頭皮にいるブドウ球菌が汗の中に含まれている乳菌を分解して臭いの物質であるジアセチルを発生させます。

 

このミドル脂臭を抑えるには、日常で使うシャンプーを見直すのが効果的です。デオドラント効果のあるシャンプーは、一時的に臭いを抑えてくれるかもしれませんが、臭いの根本の原因を抑えるなら、ジアセチルの発生を防ぐ必要があります。

 

選び方は、洗浄力に優れて、頭皮の潤いを守りながら古い皮質を洗い流してくれるアミノ酸シャンプー臭いのもととなる原因を除去する成分が配合されているものが必要です。購入するさいに、成分をよく確認する必要があります。

 

首・襟足は特にケアしよう

タオル

ミドル脂臭は、頭皮から首の後ろにかけて臭いが発生しやすいと言われています。特に首元はシャツの襟があたったりして、汗をかきやすい場所になります。夏が近づくと、常に汗をかいている方も多くいるでしょう。その為、シャンプーだけでなくボディソープのケアにも気をつけるとより効果的です。

臭いのもとであるジアセチルに効果的といわれている成分は、カンゾウやケイヒなどのフラボノイドを含む植物エキスです。

一般的な汗や加齢による臭いは、加齢臭対策などと書かれたものでも効果はあるかもしれませんが、ミドル脂臭は、一般的な臭いとは違います。原因となるジアセチルの発生を防ぐ必要がありますので、成分表をよく見て使用することが大切です。

 

効果的な洗い方

シャワー

ミドル脂臭に効果のあるものを使っても正しい使い方をしなくては、十分な効果を発揮できません。まず、シャンプーを使用する際は、ぬるま湯で頭皮や髪の毛についた埃などの生活の汚れを十分に洗い流します。そうすることでシャンプーの泡立ちがよくなります。

 

最初にしっかりと泡立てて、頭皮を指の腹でしっかりと泡を使って洗っていきます。スタイリング剤を多く使っている方は、一度では十分洗い流せない場合がある為、二度洗いすることもおすすめです。最後はすすぎ残しがないように洗い流します。

 

ボディソープの場合も、しっかりと泡立ててから使用します。しっかりと泡立てることで石鹸のカスが残らないようにします。すすぎ残しがないように流します。

 

ミドル脂臭・加齢臭を防ぐ石鹸は?

ミドル脂臭 石鹸 博士

ミドル脂臭も加齢臭も、原因になっているのは汗と菌。これらを放置するとミドル脂臭の原因・ジアセチルや加齢臭の原因・ノネナールが発生してしまいます。

 

ニオイの原因除去

 

殺菌力

 

抑臭力

 

 

が優れた石鹸を選び、日常からイヤなニオイの原因物質を排除することが重要です!

 

▼ミドル脂臭・加齢臭をケア▼

ミドル脂臭・加齢臭 石鹸 ランキングへ

 

>> ミドル脂臭対策 ボディソープランキング  TOP