ミドル脂臭と加齢臭の違いとは何?

くさい

ミドル脂臭はエクリン汗腺からジアセチルという成分が発生します 。このジアセチルは市販されているバターやチーズにも含まれており、適応濃度であればよい香りです。ミドル脂臭の原因は汗に乳酸が多く含まれていること。汗に乳酸が多く含まれる原因はエネルギー代謝が十分に行われていない事です。

 

加齢による臭いはエクリン汗腺からノネナールという物質が発生します。皮脂線の中のパルミトオレイン酸という脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことによって作られるのがノネナールという物質です。ノネナールの原料となるパルミトオレイン酸を増やす原因であるのは、脂質を多く含む食品を摂ることで増加します。牛肉やベーコン、卵、ドレッシングやフライドポテトなどは加齢臭を増やす原因となります。

 

発生場所の違い

首

ミドル脂臭と加齢臭では発生場所が違います。一般的な汗臭は脇の下から発生します。ミドル脂臭は30才から40才がピークです。特に臭う場所は頭部と首の辺りだと言われています。振り返った時に自分自身の臭いを感じる事も多いです。

ミドル脂臭は10〜20代の汗臭と、40代の加齢臭の間の世代に当たります。そのため30代は、3種の臭いが混ざり合う、人生で最も体臭が発生しやすい時期になるのです。

加齢臭は40才以降に臭います。特に臭う場所は体幹部と背中です。脂も年代により変わっていき、ねっとりとした状態になり汗が留まり、臭いも発生しやすくなります。ねっとり脂はべたつきの原因にもなります。頭髪より発生原因もあるので 洗髪剤選びでも気をつけられます。

 

臭いの違い

油

ミドル脂臭と加齢の臭いの違いですが、ミドル脂臭の原因物質はエクリン汗腺から出る汗の乳酸が細菌によって代謝、分解されます。使い古した油のような臭いで足臭の原因物質よりも臭いやすいです。腐ったような、生ゴミのような臭いを発します。

 

ミドル臭の原因のジアセチルは加齢臭の原因のノネナールに比べて100倍も広がりやすく、加齢臭よりも深刻だと言われています。どの年代の臭いよりも女性が耐えられない臭いだと言われています。

 

加齢臭の臭いはノネナールという物質です。ノネナールは皮脂線から分泌されるパルミトオレイン酸が過酸化物質と結合して出来ます。ノネナールは脂臭く青臭い臭いを発します。古いタンスや古本やろうそく、枯れ草や押し入れの中の様な臭いだと言われています。

 

ミドル脂臭・加齢臭を防ぐ石鹸は?

ミドル脂臭 石鹸 博士

ミドル脂臭も加齢臭も、原因になっているのは汗と菌。これらを放置するとミドル脂臭の原因・ジアセチルや加齢臭の原因・ノネナールが発生してしまいます。

 

ニオイの原因除去

 

殺菌力

 

抑臭力

 

 

が優れた石鹸を選び、日常からイヤなニオイの原因物質を排除することが重要です!

 

▼ミドル脂臭・加齢臭をケア▼

ミドル脂臭・加齢臭 石鹸 ランキングへ

 

>> ミドル脂臭対策 ボディソープランキング  TOP